虹技HOME >> 部門紹介 >> 研究開発部門

 
研究開発部門
お問合せ先
研究開発部門
 TEL:079-236-4927
 FAX:079-236-4800
 E-mail:
  hkaihatsu@kogi.co.jp

部門紹介

研究開発部門

明日の虹技の技術を支える研究開発部門

当社の研究開発部門では次の3つの項目に日夜挑戦しています。

● 新規事業化への挑戦

当社は新たな材料の創造・開発に取り組むため、2019年に金属3Dプリンタを導入しました。当社所有の同プリンタは金属の粉末の上にレーザーを照射し、溶融と積層を繰り返して造形体を造る粉末積層造形タイプです。

現在、社内試作品の開発など有形品の造形を進めることで、基礎技術を積み重ねており、将来的には当社オリジナルの材料粉末を用いた有形品の造形を目指しています。

  • 当社保有の金属3Dプリンタ
    3DSYSTEMS社製 PROX200

  • PR用ミニマンホール

  • 3Dプリンタによる試作品
    マンホールの施錠ピン(ねじ切り加工不要)

● 商品化への挑戦

金属はそれら数種類を適度に溶解・ブレンドすることで、耐食性や磁性など様々な物性を飛躍的に向上させることができ、機能材料と呼ばれる素材へと生まれ変わります。

当部門ではその機能材料の傑出した物性を用いて、産業界に有用な商品を提案するための基礎研究を行なっております。
その他、当社の祖業である鋳鉄の高性能化に関する基礎開発も行なっております。

● 高品質化への挑戦(解析技術向上)

当社の鋳鉄製品や機械製品は、時として厳しい使用環境下でより質の高い性能を求められます。
そのため当部門は流動解析と熱解析に応力解析を連動させたCAEの技術向上にも取り組んでおります。

この技術によって鋳造欠陥の発生位置や強応力発生箇所の事前予測と施策の提示を行なっており、製品の健全性の向上と高品質化の一翼を担っています。

  • 湯流れ解析

  • 解析実例

▲TOPへ