虹技HOME >> 部門紹介 >> 機械部門 >> トランスベクターグループ >> ボルテックスクーラー用途例



パネルガードクーラー、パネルガードクーラーA/C 冷却方法
冷風出力配管は、適切な冷却を行うために種々の方法が考えられます。パネルの状態に応じて下の例を参考にお考えください。
ただし、サーモスタットに冷却エアを直接吹きつけないようにしてください。
ご使用時の注意
供給する圧縮空気は清浄で乾燥したエア (エアドライヤ + エアフィルタ) をご使用下さい。
本体の熱風出口付近は高温になりますので手などで触れないようご注意ください。
ボルテックスクーラーは、圧縮空気圧力 0.98MPa (10kg/cm2G) 以下でご使用下さい。
ボルテックスクーラーに供給できる圧縮空気の最高温度は、43℃です。
43℃以下でご使用ください。
寸法、仕様等は都合により変更することがあります。

ボルテックスクーラー用途例



ご使用時の注意
供給する圧縮空気は清浄で乾燥したエア (エアドライヤ + エアフィルタ) をご使用下さい。
冷却対象物と冷風口の距離は25mm以内にてご使用下さい。噴射距離が長いと周囲の空気を巻き込み、冷風温度が上昇します。
冷却側にホース等をご使用の場合はできるだけ短くし、断熱ホース(ビニールホース等)をご使用下さい。(ホース1m当たり約3〜4℃ 温度が上がります。)
本体のパイプ部分 (圧縮空気供給口より熱風側) は高温になりますので手などで触れないようご注意ください。
ボルテックスクーラーは、圧縮空気圧力 0.98MPa (10kg/cm2G) 以下でご使用下さい。
ボルテックスクーラーに供給できる圧縮空気の最高温度は、43℃です。
43℃以下でご使用ください。
寸法、仕様等は都合により変更することがあります。




▲TOPへ