虹技HOME >> 部門紹介 >> 機械部門 >> トランスベクターグループ >> ボルテックスチューブ


カタログPDF ボルテックスチューブ.pdf


ボルテックスチューブ   No.116J・116E・106J・218J・218E・208J

ボルテックスクーラーの基本体で供給圧力、温度、ゼネレータ及び調整バルブ開度を変える事により広範囲の冷風を得る事ができます。 → 条件は、下記冷却比較表を御参照下さい。

106J

208J

マグネットベース(オプション)

116・106
106J

■ 仕 様
  詳細寸法等は弊社までお問い合わせください

モデルNo. ブッシング・ゼネレータ(付属) 空気消費量
(NL/min)
冷却熱量
(W)
商品構成 / 備考
ブッシング ゼネレータ 0.27MPa~0.69MPa
116J 2H、4H、8H
2L、4L、8L
2G、4G、8G 27~224 16~135 本体、106MC、コールドキャップ、
フレキノズル、ブッシング 6ヶ、ゼネレータ 3ヶ
116E 2H、4H、8H
2L、4L、8L
2G、4G、8G 27~224 16~135 116J、701S-36-8A(エアフィルタ)
106J-2H 2H 2G 27~56 16~34 本体(106J)、コールドキャップ、
ブッシング 1ヶ、ゼネレータ 1ヶ
106J-2L 2L
106J-4H 4H 4G 53~112 32~67
106J-4L 4L
106J-8H 8H 8G 105~224 63~135
106J-8L 8L
106MC 冷風側サイレンサ
VCホルダー 116J、116E、106J 固定用
マグネットベース マグネット式 固定用(圧力計付)
マグネットベース接続アダプター
フレキノズル
SS-1/8 コールドキャップ側変換アダプター
1/8R×NPT-SS 圧縮空気供給口変換アダプター
注1. 116J、116E、106Jの圧縮空気供給口はNPT-1/8となります。変換アダプター1/8R×NPT-SSをご利用下さい。
注2. 冷却熱量は冷風比率60%時の数値になります。
注3. 冷風比率40%~80%にはHブッシング、20%~60%にはLブッシングをご使用ください。

オプション品
VCホルダー(本体側) VCホルダー(サイレンサ側)



218・208
208J

■ 仕 様
  詳細寸法等は弊社までお問い合わせください

モデルNo. ブッシング・ゼネレータ(付属) 空気消費量
(NL/min)
冷却熱量
(W)
商品構成 / 備考
0.27MPa~0.69MPa
218J 11H、15H、25H
11L、15L、25L
145~700 87~423 本体、208MC、コールドキャップ、
フレキノズル、ブッシング・ゼネレータ 6ヶ
218E 11H、15H、25H
11L、15L、25L
145~700 87~423 218J、701S-36-8A(エアフィルタ)
208J-11H 11H 145~308 87~186 本体(208J)、コールドキャップ、
ブッシング・ゼネレータ 1ヶ
208J-11L 11L
208J-15H 15H 197~420 119~253
208J-15L 15L
208J-25H 25H 328~700 198~423
208J-25L 25L
208MC 冷風側サイレンサ
208MH 熱風側サイレンサ
VCホルダー 218J、218E、208J 固定用
マグネットベース マグネット式 固定用(圧力計付)
フレキノズル
SS-1/4 コールドキャップ側変換アダプター
熱風側変換アダプター
AL-1/4 圧縮空気供給口変換アダプター
隔壁用Cキャップ 隔壁取付用コールドキャップ
注1. 218J、218E、208Jの圧縮空気供給口はNPT-1/4となります。変換アダプターAL-1/4をご利用下さい。
注2. 冷却熱量は冷風比率60%時の数値になります。
注3. 冷風比率40%~80%にはHブッシング、20%~60%にはLブッシングをご使用ください。
注4. 218J、218E、208Jのコールドキャップと隔壁用Cキャップは形状が異なります。

オプション品
VCホルダー(本体側) VCホルダー(サイレンサ側) 隔壁用Cキャップ




ボルテックスチューブ   No.318J・318E・308J・328

大型のボルテックスチューブです。116J、218Jと同様に供給圧力、バルブ開度により冷風の調整が可能です。 → 条件は、下記冷却比較表を御参照下さい。

318・308
308J-35H

■ 仕 様  詳細寸法等は弊社までお問い合わせください

モデルNo. ブッシング・ゼネレータ(付属) 空気消費量
(NL/min)
冷却熱量
(W)
商品構成 / 備考
0.27MPa~0.69MPa
318J 35H 459~980 281~599 本体、208MC、コールドキャップ、
ブッシング・ゼネレータ 1ヶ
318E 35H 459~980 281~599 318J、701S-36-10A(エアフィルタ)
308J-35H 35H 459~980 281~599 本体(308J)、コールドキャップ、
ブッシング・ゼネレータ 1ヶ
208MC 冷風側サイレンサ
308MH 熱風側サイレンサ
VCホルダー 318J、318E、308J 固定用
マグネットベース マグネット式 固定用(圧力計付)
SS-1/4 コールドキャップ側変換アダプター
熱風側変換アダプター
AL-1/4 圧縮空気供給口変換アダプター
隔壁用Cキャップ 隔壁取付用コールドキャップ
注1. 318J、318E、308Jの圧縮空気供給口はNPT-1/4となります。変換アダプターAL-1/4をご利用下さい。
注2. 冷却熱量は冷風比率60%時の数値になります。
注3. 318J、318E、308Jのコールドキャップと隔壁用Cキャップは形状が異なります。

オプション品
VCホルダー(本体側) VCホルダー(サイレンサ側) 隔壁用Cキャップ



328
328-50

■ 仕 様
  詳細寸法等は弊社までお問い合わせください。

モデルNo. ブッシング・ゼネレータ(付属) 空気消費量
(NL/min)
冷却熱量
(W)
商品構成 / 備考
ブッシング ゼネレータ 0.27MPa~0.69MPa
328-50 50H 50G 657~1400 397~847
328-75 75H 75G 985~2100 596~1270
328-100 100H 100G 1314~2800 795~1693
328MC 冷風側サイレンサ
328MH 熱風側サイレンサ
注1. 圧縮空気供給口はNPT-1/2となります。
注2. 冷却熱量は冷風比率60%時の数値になります。





冷却比較表


■ 冷却比較表(単位℃)
  率%
圧力
MPa
 
冷風比率%
20 30 40 50 60 70

80

0.14 34.2 33.1 30.8 28.1 24.2 20.0 15.3
8.1 13.6 20.0 27.5 35.6 45.8 59.4
0.27 48.9 47.2 44.4 40.6 34.7 28.6 21.1
11.4 19.4 28.6 39.4 50.8 65.0 81.7
0.41 57.8 55.6 51.7 46.7 40.6 33.0 24.7
13.1 22.2 32.5 44.4 57.8 73.3 93.3
0.55 63.9 61.1 56.7 51.1 44.4 36.4 27.2
13.9 23.9 35.0 47.8 62.8 79.4 100.5
0.69 68.3 65.5 61.1 55.0 47.8 39.2 29.4
14.4 25.0 36.9 50.6 66.1 83.9 106.7
0.82 71.7 68.9 64.4 57.8 50.3 41.1 30.6
14.4 25.6 38.3 52.2 68.3 86.7 108.3
0.96 75.0 71.7 67.2 60.5 52.2 42.2 31.4
14.8 25.6 39.2 53.3 68.9 86.7 107.2
ブッシング・ゼネレータ
使用範






















冷風比率40%~80%にはHブッシング、20%~60%にはLブッシングをご使用ください。



ご使用時の注意
供給する圧縮空気は清浄で乾燥したエア (エアドライヤ + エアフィルタ) をご使用下さい。
冷却対象物と冷風口の距離は25mm以内にてご使用下さい。噴射距離が長いと周囲の空気を巻き込み、冷風温度が上昇します。
冷却側にホース等をご使用の場合はできるだけ短くし、断熱ホース(ビニールホース等)をご使用下さい。(ホース1m当たり約3~4℃ 温度が上がります。)
本体のパイプ部分 (圧縮空気供給口より熱風側) は高温になりますので手などで触れないようご注意ください。
モデルNo.116E、218E、318Eにはエアフィルタが付属しております。
ボルテックスクーラーは、圧縮空気圧力 0.98MPa (10kg/cm2G) 以下でご使用下さい。
ボルテックスクーラーに供給できる圧縮空気の最高温度は、43℃です。
43℃以下でご使用ください。

▲TOPへ